脳梗塞のリハビリ本文へスキップ

脳梗塞治療 考え方 大阪 鍼灸

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

脳梗塞後遺症治療の考え方

 脳内の血管が詰まることによって発症する脳梗塞。脳梗塞は脳卒中全体の70〜80%を占め、年間20万〜30万人が発症するといわれています。
 西洋医学の発達により脳梗塞での死亡率は大幅に下落しています。これは喜ばしい事実です。ですが、脳梗塞の後遺症で悩まれている方は年々増加傾向にあります。
 当院では、脳梗塞の後遺症に対して東洋医学的鍼灸治療を行っております。

 脳梗塞になぜ鍼灸治療?

 脳梗塞によって脳の壊死が起こり麻痺が発生することがあります。運動麻痺が発生した初期の多くは理学療法士による運動療法(自分で動かす)によるリハビリが行われます。それによって、脳梗塞による麻痺が改善し正常に近い動きまで回復することも多くあります。

 鍼灸治療の場合には、筋肉に刺激を加えることによって筋肉の収縮(縮める)と弛緩(緩める)を外部からの信号で行います。この外部からの信号を感覚神経が脳に伝わり、運動神経を通って運動をするように命令が伝わります。この原理を利用する事で筋肉の活性化を図り、早期の改善を目指します。また、病院での集中的なリハビリ期間が終わってしまい改善できなかった場合にも、さらなる改善を目指した治療が可能です。

 つまり、西洋医学的なリハビリと東洋医学的な治療を同時に行うことで改善までの期間を短縮できる可能性があるのです。

 当院での治療が不可能な方

 ・脳梗塞の状況が不安定で運動を制限されている方
 ・金属アレルギーがある方(鍼治療できない為)
 ・心臓にペースメーカーが入っている方
 上記3つに当てはまる方は当院での治療はできません。

Cerebral infarction脳梗塞のリハビリ

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日も脳梗塞後遺症の鍼灸治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

line

脳梗塞のリハビリロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。