外反母趾治療本文へスキップ

外反母趾 大阪 淀川区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

 外反母趾(Hallux vaglus)

顕彰を受賞

外反母趾を解消し快適な生活を!

外反母趾 現在、外反母趾でお悩みの方が急増していると言われています。その理由として、運動不足による筋力の低下、靴の問題、遺伝等様々な原因を言われています。そして、外反母趾によって痛みが現れ、長時間の歩行ができない、好きな靴を履くことができない、など日常生活に制限がかかってしまう事も少なくありません。 

 外反母趾は、女性の30%以上の方が悩んでいる病気です。軽い外反母趾の場合には痛みも長時間歩いた後だけで、ほとんどなく日常生活に問題は起こりませんが、中度以上の外反母趾になると少し歩くだけで痛みが現れたりと日常生活にも問題が現れます。さらに、進行し重度の外反母趾になると、運動の中に母趾が脱臼を起こしてしまう事もあります。 

 この状態は外見上、母趾の付け根から先が外側を向いている状態です。ですが、実質的には母趾の付け根の骨が内側に向いて、付け根から先が外を向く、いわゆる『ハ』の字になった状態です。 

 このページでは当院が行っている外反母趾治療についてのご案内です。

 ページ下部で自宅で行えるセルフケアをご紹介しております。

 外反母趾とは?

外反母趾のレントゲン 外反母趾(Hallux valgus)は、レントゲン写真のように母趾の付け根の骨が内側に向き、母趾が小指側に曲がってしまい、見た目では母趾が『くの字』になってしまう状態です。また、見た目上『くの字』になる以外に、母趾の付け根の骨が内側に変形しているので、足の横幅が広くなってしまいます。 

 外反母趾は大きく2種類に分ける事ができます。
 1.変形性外反母趾
 2.仮骨性外反母趾
 この2種類それぞれに治療法や対策は異なります。

 外反母趾の原因は?

 外反母趾の症状

痛み

 外反母趾によって引き起こされる痛みは3種類があります。1つは外反母趾が変形する過程に発生する痛み、2つ目は外反母趾部分が靴などによって圧迫される事によって起こる痛み、3つ目は長距離の歩行など歩きすぎる事によって発生する痛みです。
 外反母趾の発症初期は、長時間歩いた後や長時間外反母趾部分が圧迫された時だけ痛みが現れます。ですが、進行し中度ぐらいになると、軽く歩いた後や歩いている最中にも痛みが現れるようになります。さらに進行すると、歩かなくても痛みが現れたり、少し歩いただけでも痛みが現れるようになります。

足の疲労感

 外反母趾によって、重心の位置が乱れてしまう事によってふくらはぎの筋肉に無理な負担がかかるようになります。その結果、ふくらはぎに疲労が溜まりすぐに疲れがたまってしまいます。また、ふくらはぎの筋肉の硬さによって血液やリンパ液の循環が悪くなってしまい、冷え症や足のむくみが現れるようになります。また、むくみがでることによって外反母趾の部分などと靴の当たりがきつくなり、結果として痛みにつながってしまうこともあります。

脱臼

 外反母趾が進行し、重度の外反母趾になると軽い圧迫、例えば靴を履いたときや歩行時など母趾に少しの圧力が加わるだけで脱臼してしまう事があります。

偏平足

 足の筋肉が弱ることによって足の骨の本来の位置関係が保てなくなり、最終的に体重に抵抗できずアーチがなくなり扁平足になってしまいます。偏平足になると、第1中足骨(母趾側)は外に押し出されてしまいます。その結果、外反母趾の角度が強まってしまいます。

 外反母趾によって引き起こされる問題

 外反母趾が発症する事によって、ほぼすべての方が重心の位置異常を引き起こしています。その為、本来体重がかからない場所にも重心がかかるため、全身に問題が起こる可能性があります。その中でも特に多いのが、腰痛や膝の痛み、肩こり、そして頭痛が引き起こされる事が多くあります。 

外反母趾によってこれらの問題が起こっている場合には、検査を行っても明確な原因がわかる事が少なく、その為、治療を受けても改善しにくいのも特徴です。外反母趾とともにこのような全身症状が出ているような場合には一度治療を考えてみてはいかがでしょうか?

 骨盤のゆがみによって重心が足の外側や後ろにずれると、外反母趾が発生する可能性が高まります。これは、重心位置異常に適合するための生体反応と、足の親指の筋肉の筋力低下によるものです。

重心位置異常が発生している状態では
1.クツの外側が減りやすくなる
2.足の裏にまめができる
3.ふくらはぎが疲れやすくなる
これらの症状が認められやすくなります。

 このような状況を放置することによって、重心位置異常が固定され外反母趾が発生するのです。

 外反母趾を放置すると・・・

 外反母趾は放置して改善する疾患ではありません。多くの場合で進行します。その進行過程をご紹介いたします。
1.外反母趾の変形に伴い、外反母趾周辺に痛みが現れる。 

2.変形が強くなることによって、外反母趾部分が赤く腫れるバニオンと呼ばれる外反母趾特有の症状が現れる。

3.外反母趾の変形が、25度以上になると痛みが強まり歩行が困難になる。 

4.変形角度が35度異常になると、外反母趾部分が脱臼する可能性が上がる。実際に脱臼すると、強度の痛みによって歩けなくなることもある。 

このように外反母趾は進行する可能性が高い疾患です。できるだけ早期に治療を開始する事をお勧めします。

当院で外反母趾治療を受けるメリット

1.痛みの原因がわかります。
 今現在の外反母趾の骨格の状況や筋肉のバランスを分析し、痛み状況をわかりやすく説明します。 

2.世界に認められた実力
2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月 国連機関WHF(World Human Facility Community)から鍼灸スペシャリスト認定

 これらを受賞しているのは日本で唯一当院だけです。

3.アフターフォローが充実
 効果の維持と再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。 

4.スペシャリストによる外反母趾治療
 全ての治療スタッフは治療のプロです。当院の今までの経験により、日々改善を行いながら外反母趾の治療を行っています。また、痛みを伴うような危険な方法は行いません。 

5.全身のバランスを考慮した治療
 施術スタッフは、全て医療系国家資格所持者です。身体のバランスや運動機能などの専門家である為、1人1人の状態に合わせた矯正が可能です。 

6.高度な治療技術を提供します。
 多い月では、月に30時間を超える解剖学・生理学・運動学・東洋医学・スポーツ医学・レディース整体などの院内研修を行っています。 

当院は、治療に絶対的な自信を持っています。安心して、御来院ください。
日曜日も外反母趾の治療を行っております。

 当院での外反母趾治療

当院で行っている外反母趾治療は骨格の矯正と、重心位置を変えるためのテーピング療法です。

骨格の位置関係を矯正するのは外反母趾の改善のためには必ず必要な方法となります。ただし、重心位置の乱れによって起こっている外反母趾の場合には、骨格を矯正するだけでは外反母趾の根本からの改善になることはありません。
 当院では、ウオルフの応変率理論に基づき重心位置の改善も含めた治療を行っております。

 外反母趾治療の目的

外反母趾の治療目的は、以下の3点です。

@痛みの解消

 患者さんが1番気になる問題となる痛みの解消です。
 外反母趾の痛みの解消には、足を構成している骨格のバランスが重要になります。当院では、この骨格のバランスを矯正し痛みの早期改善を目指します。

A足のバランス改善

 外反母趾の状態を改善するためには、足の筋肉のバランスを改善する事が非常に重要です。
 当院では、患者さんの今現在の足の筋力バランスを分析し必要な筋肉の筋力強化と、硬くなってしまった筋肉のストレッチを行う事で正常な足の筋力バランスを目指します。

B重心位置の正常化

 外反母趾の根本からの改善の為には重心位置の正常化は絶対に行わなければなりません。
 当院では、骨格矯正とテーピング療法で理想的な重心位置の実現が可能となります。この重心位置を身につけることによって、外反母趾の改善は当然のことながら全身の骨格バランス・筋肉バランスの正常化を目指します。

以上の3点を目的に治療を行っています。
この3点が可能になる事によって、外反母趾部分の足の形状の回復、更には外反母趾の再発予防ができると考えています。

 外反母趾治療の流れ

 当院で行っている外反母趾治療は、アクチベーターとテーピングで治療を行っています
 アクチベーターによる治療では、ゆがんだ骨格を矯正する事によって外反母趾による異常な骨格の位置関係を正常な位置に戻します。
 テーピング治療の目的は、外反母趾の根本的原因である重心の位置異常を修正する事です。 

 当院にご来院された方の中には、テーピングで外反母趾を引っ張る事によって改善させると思われている方もいらっしゃいますが、テープで外反母趾を引っ張り続けたからと言って外反母趾が改善するというものではありません。重心の位置異常を改善することこそが、外反母趾の改善につながるのです。その為、ご自宅でテーピングをされている方はテーピングを貼った後に重心の位置が変わっているかどうかをチェックする必要があります。

【外反母趾治療の流れ】

外反母趾治療ってどんな事をするんだろ? 

どんな手順でするんだろ?って不安ですよね。 

初めて外反母趾治療をお受けになる前に、安心して外反母趾治療が受けられるように基本的な流れを記載します。

1.カウンセリング表に現在の状況を記入

外反母趾に関するカウンセリング 2.カウンセリング
カウンセリングでは、今現在の状態をお伺いいたします。
『外反母趾に気が付いたのはいつですか?』
『どのような時に外反母趾が痛みますか?』
『外反母趾の程度は進行していますか?』
『1日の中で多い姿勢はどのような姿勢ですか?』
等をお伺いいたします。

3.外反母趾のチェック
  外反母趾部分の足の周径や、足の指の動きなどのチェックを行います。
  このチェックによって、外反母趾の程度・進行度合い・治療のスパンなどを決定します。 

4.外反母趾骨格矯正
  骨格矯正というと、”痛い”というイメージがあると思います。
  当院では、ソフトな矯正方法で外反母趾骨格矯正を行います。そのため、外反母趾骨格矯正が怖かった方でも安心して治療を受けることができます。

5.外反母趾骨格矯正後に外反母趾テーピングを行います。 
  外反母趾の骨格矯正を行った後に、骨のバランスを維持する為と弱った筋肉に対しての補助を目的にテーピングを行います。

6.外反母趾治療後の説明とアドバイス
 外反母趾治療後の状態を説明し、日常生活での注意事項、生活習慣、エクササイズ等のアドバイスを一人一人の状態に合わせて説明いたします。

 外反母趾治療料金

片足 2160円   両足  4320円
 ※初診時には、初診料が別途2160円必要です。

 外反母趾セルフケア

外反母趾のサポーターはどうなの?

ハイヒールが及ぼす影響

pelvis correction骨盤矯正

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日も外反母趾治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。