眼精疲労本文へスキップ

眼精疲労 セルフケア

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

眼精疲労のセルフケア

眼精疲労は、炎症の状況や程度によってケアの方法は異なります。ご自身の眼精疲労の状況に合わせたケアが重要となります。

炎症を伴う場合

 目があつく感じる、充血している、この2徴候がみられる場合には炎症を伴う眼精疲労である可能性が高いです。
 このような場合には目を冷やすことが大切です。

炎症を伴わない場合

 炎症を伴わない場合には、目を温めて血流を改善し目の中や周辺の筋肉の疲労を回復することが大切です。

 目を休める

 眼精疲労の原因が、目の使い過ぎであることから最も理想的なケアは目を休めることになります。仕事で使う場合には、一番難しいケアであると思います。その為、現実的に休めることができる時に休めるようにしましょう。具体的には、仕事以外でパソコンやスマートフォンを使用する時間を減らすことです。

 また、室内の照明を白色の蛍光灯から電球色(黄色)に変えることも目の疲労対策になります。

 目に入る光刺激を緩める

 モニターの明るさを暗くすることや少し色のついたPC眼鏡を使用することも、目に入る光の強さを緩めることになり目にかかる負担が和らぎます。また、モニターに何らかの光が映って反射しているような場合には、日からが写らないようにする工夫が必要です。

 その他、PC眼鏡を使用することも光を刺激を緩めるのに有効です。

 ストレッチを行う

 首や肩の筋肉が硬い状態になると頭への血液循環は悪くなってしまいます。その結果、眼精疲労が改善しにくい状態になります。1日に数回首を回したり肩を回したりするようにしましょう。

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は、厚生労働省認可の治療院で国家資格所持者による眼精疲労に対する東洋医学治療を行っております。当院は日本で唯一のアメリカ大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFからの顕彰を受賞した治療院です。

 治療院選びを失敗したくないという方も、ご安心してお任せ下さい。あなたの症状に応じて整体やカイロプラクティック・鍼灸治療・電気治療なども使っていきます。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。
 いっしょに快適な日常生活を取り戻しましょう。

眼精疲労受付時間
受付時間
10:00〜21:30 /

※日曜診療は8:30〜19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

line〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 080-6224-4693
日曜日も眼精疲労の治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

Eye strain眼精疲労

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日も眼精疲労の治療を行っております。
最寄駅:新大阪駅