骨盤矯正に関係する用語集本文へスキップ

ぎっくり腰 新大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

 ぎっくり腰

顕彰を受賞

腰痛 腰痛の中にも様々な原因があり痛みを引き起こします。その中でも、くしゃみや咳、顔を洗おうとした時などのほんの些細な動作から突然痛みが出てくる、いわゆる『ぎっくり腰』があります。出産後の方では、抱っこや中腰での体勢が多くなるため、普段から腰に負担がかかりやすくなっています。疲れていてもなかなか休む時間がとれず筋肉の硬さなどが蓄積し、結果些細な動作によって急激な痛みが引き起こされやすくなります。

 ぎっくり腰の応急処置

 ぎっくり腰の原因

 ぎっくり腰にも様々な原因があると考えられています。その中でも簡単にぎっくり腰の原因をご紹介いたします。

●椎間関節性腰痛
 椎間関節は、関節の外部が関節包で覆われていて、関節包の内側には滑膜があります。重い物を持ち上げようとしたときや急激な体位の変換によって関節捻挫や亜脱臼を起こすことがあります。この関節包が無理に引き伸ばされることによって炎症や部分断裂を起こし、急性の腰痛を発症させます。このように椎間関節が原因となり痛みを引き起こすことが、ギックリ腰で一番多い要因と言われています。
椎間関節(真ん中の背骨部分)に圧痛が出ていることが多くあります。
また、椎間関節性腰痛の場合には急激に痛みが出てくることが多いです。

●筋・筋膜性腰痛
 椎間関節性腰痛に次いでぎっくり腰の要因とされているのが、筋・筋膜性腰痛です。ゴルフやテニスなどの身体の捻りによって筋肉のバランスを崩した時に痛みがでることがあります。筋・筋膜性腰痛の場合には、痛みは最初あまりひどくなく、時間の経過とともに強くなる傾向があります。腰背筋や筋膜が過剰に伸ばされたり、部分断裂を起こしたりすることによって炎症などを引き起こしてしまいます。
疼痛部位は筋肉に起こっているため、やや背骨の横などに出てくることが多いです。また、椎間関節性腰痛に比べると明確な圧痛点があります。

information

【眼精疲労治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)・大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府寝屋川市・大阪府東大阪市・大阪府大阪狭山市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市・姫路市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・滋賀県

line〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 080-6224-4693
日曜日もぎっくり腰の治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

pelvis correction骨盤矯正

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日もぎっくり腰の治療を行っております。
最寄駅:新大阪駅